これだけ知っておけば事情通!?ビットコイン3つの特徴

ビットコインは全世界共通の仮想通貨です

ビットコインは全世界どこでも共通して使える仮想通貨です。ドルやユーロも世界のほとんどで通じますが、ビットコインに比べれば完全ではありません。ただし、あくまでもP2Pネットワーク上に存在するデジタルデータなので、パソコンが使える環境にない国では扱うことが出来ませんが、そのような国は今やごく一握りですよね。世界中で使えるといっても、それを管理する国があれば実質的にその国の通貨ということになってしまいますが、ビットコインは中央管理者が存在しないので大丈夫です。

原則として手数料が発生しません

マイナス金利時代ということもあり、日本の銀行などではATM利用手数料を改悪する傾向が強まっていますが、ビットコインは銀行のような仲介者が存在しない仮想通貨なので、原則として手数料を支払う必要がありません。支払う側と受け取り側が直接トレードする仕組みになっていることがその理由です。また、送る側と受け取る側の距離も一切問われることはありません。ですからたった1円を地球の裏側に手数料無しで送金するという芸当が可能なんです。もちろん通常の方法であれば多額の手数料が発生する億単位の送金も、無料で行えてしまいます。

ビットコインは総量があらかじめ決まっています

ビットコインの特徴として特に顕著なことが、最大発行枚数が2100万枚までと最初から定められていることです。ですから、理論上幾らでも発行することが出来る円やドルなどの貨幣や他の仮想通貨とは異なり、際限なくインフレするリスクとは無縁と言えるでしょう。現在のビットコイン総枚数は1200万枚程度ですが、現在の採掘スピードなら後100年程度でほぼ上限に達することになります。2100万枚は決して多い数では無いので、現在ではコンマ以下の単位で取引されています。

ビットコインとは分散型仮想通貨のことで、デジタル通貨としてインターネット上の決済などに利用されます。