ホームページをオシャレにするためにやるべき3つの工夫

ホームページのカラーを決定する

ホームページをオシャレにするためには、全体的な色を統一する必要があります。つまり、テーマカラーを決定し、それを表現することが、オシャレさの第一歩となります。ここで使う色は何色も使わず、1色あるいは2色程度で良いです。多過ぎてしまうと目がチカチカしてしまい、オシャレではなく、ただ派手なだけになるので注意です。また、色の濃さは薄くしておくと目に優しくなり、良い印象を与えやすくなります。これがオシャレポイントに繋がるので、選んだ色を薄くして使いましょう。

文字書体を変更して特別感を出す

すでに設定されている文字を使い、文章記事を作成することが普通とされていますが、オシャレとは言えず、他と同じホームページとして扱われてします。ここで、文字の書体を変更することで、少し雰囲気の違う文章を作ることができ、オシャレへと繋げることができます。文字の書体は、記事の内容やホームページの雰囲気を考慮して決定すると良いでしょう。いくつか候補を上げ、それを適用した際、どういうホームページになるのかチェックしながら選ぶと効果的です。

必ず写真や画像を挿入する

ホームページが文章だけになってしまうと、オシャレではなく堅さを感じさせてしまいます。これではNGなので、内容やホームページの雰囲気に合う写真や画像を挿入しましょう。写真を挿入する場合、ホームページを載せることを意識し、自分で撮影して準備すると良いです。角度や鮮度などを考え、さらに編集して利用するとオシャレになります。画像を使う場合も、誰もが使いそうなものではなく、逆に使われそうにないものを使うと良いでしょう。

ホームページ作成の魅力を理解するために、複数のIT関連企業のパンフレットやリピーターの声を参考にすることが有効です。