動画配信で気をつける事と動画からの広告収入

動画を配信して収益を得られる

動画サイトでアカウントを作りそこに広告を載せる事で広告収入を得ることができます。当然動画サイトの規約や法律に違反するような動画を配信した場合は収益が発生するどころかアカウントの停止を受ける可能性があります。規約を守って法律を遵守した上でオリジナルのコンテンツ作りあがて人気が出ると大きな収入に繋げる事もできます。なかには高額な収益を得ていて副業ではなく専業として取り組んでいる人もいるので競争率は決して低いものではありません。

他人に著作権があるコンテンツの使用

動画配信で収益をあげる為に他人に権利がある映画や音楽をそのまま配信する配信者が一部いますが、これは著作権の侵害であり犯罪です。他人に著作権があるものをアップロードするのは配信サイトの規約にも違反する事になるのでアカウントの停止を受けるだけでなく、権利を持っている本人に損害賠償の請求をされる事もあるので絶対に行ってはいけません。映像や音楽の権利者に損失を与えた場合はその損失を補償する義務が出てくるのです。

誹謗中傷など他人に不当に損失を与える内容は禁止

動画配信をする時に映像や音楽などの他人に権利があるもののアップロード以外に気をつけたいのはオリジナルコンテンツであっても個人や団体などに不当に損失を与えるような内容のコンテンツを配信してはいけないという事です。視聴者の興味を集めるような内容であっても事実ではない内容で他人が損失を受けた場合はその本人から訴えられる事もあります。その為視聴者を増やす事を目的に安易に他人に損失が出るようなコンテンツを配信するべきではありません。

ストリーミングのサービスの使い方は、それぞれのウェブサイトの運営者の判断によって、大きなバラつきが出ることが特徴です。